キャバクラのボーイってどんな仕事?

飲食店で言うところのウェイター業務です


決して主役にはなれないお仕事。
でも、この職種がないと、キャバクラ店は成り立たないと断言できます。

それが「ボーイ」という存在。
キャバクラのボーイはお店にとって非常に重要な存在であり、この人たちの能力や働き次第でお店の売り上げが変わるというほど、欠かせない職種なんですね。

ボーイの仕事は、そのほとんどがウェイター業務と言ってもいいでしょう
お客様をテーブルなどに案内し注文を受け、ドリンクやフードなどをテーブルに運び、空いたグラスやお皿を下げる。
そんなお仕事をお店がオープンしてからクローズするまでの間、続けるのがボーイの主な仕事内容です。

もちろん営業準備・閉店後の片付け作業も大事なお仕事となります
具体的には、オープン前に店内を掃除したり、あるいは買い出しに行くこともありますね。
閉店後はグラスやお皿の洗い物、キャストの女の子の送り出し、必要なものがあればその日のうちに発注をかけておくことなんかもしたりします。

ウェイター業務と言っても、普通の飲食店のそれよりも仕事の量も内容も多いのかもしれません。
トレイ掃除などもしなくちゃいけないですし、キャストの相談に乗ったりするのもボーイの仕事の一つですからね
幅広くこなさなくちゃいけないんです。

ボーイの重要なお仕事の一つ「つけ回し」とは?


ボーイに任される業務の中で重要かつ能力の差が出やすいものがあります。それが「つけ回し」と呼ばれる作業です。
これは、お客様のいるテーブルにどのキャバクラ嬢を配置するのかを決定すること

フリーで来店したお客様がいた場合、ボーイは出勤しているキャストや待機している女の子、そしてそのお客様の雰囲気などを見ながら、キャバクラ嬢をテーブルに派遣します。
そこでもしお客様のお眼鏡に適う女の子を配置できれば、そこで指名が発生し、お店の売り上げがアップするということになるわけです。

また、人気のキャバクラ嬢は同時に複数のお客様から指名されてしまうことも珍しくありません。
そのキャバ嬢が分身でもできればいいんですけど、それは無理なのであっちのテーブルとこっちのテーブルを行き来しなくちゃいけなくなります。
空いたテーブルには他のキャストの子を配置するわけですが、この時にお客様の好みとはズレた女の子を派遣してしまうと、「もう帰る!」なんて言い出す可能性が高まるわけです。

そうならないよう「この子もなかなか可愛いじゃないか」と思われるようなやりくりをする必要があります
その業務を「つけ回し」と呼んでいるんです。

この作業が上手なボーイは信頼されますし、完璧なやりくりができればお店の売り上げも確実にアップ!
逆に、経営難のお店はこの作業ができるボーイがいないと言っても過言ではありません。
それほどに重要なお仕事なんですね。

ボーイのお仕事探しにおすすめの求人サイト

ボーイのお仕事探しにおすすめの求人サイト

なぜ「メンズ体入」がおすすめなのか


画像引用元:http://fueldoctorracing.com/

お仕事探しをする時って、求人案件情報を集める前に、その求人案件情報が得られる求人サイトの情報を集めないといけないのが面倒ですよね。
どのサイトを使うかでどの求人やお店と出会えるのかも変わってくる、だからこそ、求人サイト選びにも失敗できないわけです。

その面倒な作業をごっそりと省いてキャバクラのボーイなどの男性スタッフを募集しているお店を検索したいなら、「メンズ体入」を利用してみてください。
例えば東京の男性向けナイトワークは、そのほとんどがこのサイトに集約されています。
ここだけでも十分情報が集められるし、ここさえ知っていれば他のサイトは正直チェックしなくても問題ありません

なんてったって業界最大級の求人サイトです。
繰り返しますけど、男性のためのナイトワーク専門サイトですから、それ以外の情報は一切載っていませんよ。
業界最大級ということは、求人数も他のサイトより圧倒的に多い。
それが、このサイトだけでも十分に情報が集められる理由です。

目的別に検索したり求人を厳選しやすくなっているのも、このサイトをおすすめしている理由
ボーイの仕事は、このサイトでは「ホール」と表現されていますが、正社員になりたいのか、それともアルバイトがいいのか、あるいは幹部候補になりたいのかなど、目的別に求人を絞り込むことができるんです。

自分の欲しい情報だけをゲットできる優れた検索システムですよね。
時間も節約できて、イライラせずにお仕事探しができるはずですよ。

比較も応募も超簡単にできちゃいます!


求人サイトで大事なのは情報量の多さ
求人数の多さも大事ですけど、ひとつひとつのお店の情報がどれくらい載っているかも無視はできません。

だって、店舗ごとの情報が微々たるものだったら比較できないじゃないですか。
「メンズ体入」はそれぞれのキャバクラ店の情報も満載。

  • お店のPR
  • お仕事内容
  • 給与額
  • 勤務時間
  • 休日について
  • 応募資格
  • 待遇
  • 店内の雰囲気がわかる写真

これらがしっかりと掲載されているから、問い合わせなくても大体のことは把握できちゃうんです。

大体のことが把握できちゃうということは、比較もしやすいということ
適当に作り上げたイメージではなく具体的な情報で比較ができるから、お店の選択の失敗もかなり減らせるでしょう。

応募も簡単なんですよ、このサイトを利用すれば
ちょっとした情報を入力して、そのままサイト内からネットを通じて応募できるので楽チン
ストレスフリーで面接や体験入店の予約ができちゃいます。

手軽にキャバクラのボーイのお仕事情報が欲しければ、「メンズ体入」一択で間違いありません。

キャバクラボーイになるにはどうすればいいの?

キャバクラボーイになるにはどうすればいいの?

気になる求人に応募して面接を受けてみよう


キャバクラのボーイになるには、このお仕事を募集している求人を探さなければいけません。
見つかったらその求人に応募する、という流れになります。
その後にはもちろん面接を受けて採用か不採用かの判断がお店側から下されるわけですけど、採否の決定の前に“体験入店”によってそのお店で1日お仕事を体験してみる、という工程を挟むケースもあります。

じゃあ、その肝心の求人はどこで見つけるのかという話ですが、これはネットで簡単に見つけることができますよ
普通のアルバイト求人サイトにもキャバクラのボーイの募集はあるにはありますけど、できればナイトワーク専門の、さらには男性のナイトワークスタッフ募集の求人案件のみを集めたサイトを利用した方がいいですね
余計な業種の求人は最初から排除されているし、ボーイの仕事のみに絞って検索することもしやすくなっているので、お店ごとの比較も簡単にできるはずです。

体験入店の話をチラッとしましたが、これができるお店を選んだ方がいいですよ
お仕事を体験してみて、嫌だったら他のお店を探せるし、良かったら継続して働くことができますから、ボーイの仕事に初めてトライするなら、体入(体験入店の略語)は必須です。

お店に行く前に準備しておきたいもの


お給料やお仕事内容、お店の場所などをチェックして「ここがいいかも」と感じるキャバクラ店があったら、その求人に応募してお店に行く日をスタッフさんと相談しながら決定していきましょう。

ボーイになるには、18歳以上であることを証明しなければなりません。
なので、最初にお店に行く時には必ず身分証明書を用意していくようにしてください。
この身分証明書は写真付きである必要があります。
偽物の証明書で高校生などが働かないようにするためにです。

具体的には、パスポートやマイナンバーカード、免許証などがあればOK
学生さんは学生証を持っていけば大丈夫

あと、“やる気”も準備しておいてくださいね。
キャバクラのボーイは接客業です。
やる気が見えなければ「お客様に失礼なことをしてしまうかもしれない」とスタッフの人も思ってしまうので採用されにくくなります。
この仕事に興味があること、そして、アルバイトの場合にはシフトにもしっかりと入れることを伝え、一生懸命働く意思を見せるようにすれば、面接したその日に採用の決定をしてもらえるはず。

経験や年齢などよりも、このやる気をチェックするお店が多いですから、忘れずに準備して持っていくようにしてください。

ボーイの仕事って稼げるの?

ボーイの仕事って稼げるの?

年齢が若い未経験者でもそこそこ稼げます


ごくごく普通の会社で働くのとは違う魅力がたっぷりと詰まっているキャバクラのボーイの仕事ですけど、未経験から始めてもしっかりと稼げちゃうのも、その魅力の一つだったりします。

会社勤めだと、20代で入社したとして、最初は20万円前後からスタートというところが多いじゃないですか。
今の時代は大卒の初任給が月給20万円ほどですからね、厳しいもんです。

でも、キャバクラのボーイだったら、最初から月収30万円以上ゲットできます
18歳以上であれば最終学歴が中卒でも、最初からこれだけのお給料がもらえるんですよ。
そんなお仕事って、他にはどこを探しても見つかりません。

夜のお店のボーイさんは、最低でも月に30万円受け取れると思っておいて間違いなし。
アルバイトとして入店することになると時給制なので働く時間によって月収は変わってきますが、正社員なら30万円以上は堅く、高級店ともなると40万円を超えるところもあるほど

今すぐにお金が必要な男の人のために、日払い制度を設けているキャバクラ店もあります。
正社員に対しても日払いOKのお店もあるので、日払い制度必須の人は求人をチェックしたり面接時に確認してみるといいでしょう。

ボーイの魅力はスピード昇給&スピード出世


全く経験がなくても月に30万円や40万円もらえるって、それだけでもボーイの仕事を始める価値がありますけど、この職種の魅力は他にもあるんです。

昇給や出世がとにかく早い!
この世界に飛び込んで次の月にはお給料がアップすることもありますし、3ヶ月後にはサブマネージャーや、早い人だとマネージャーにまで上り詰める人もいるほどスピード昇給とスピード出世が実現しやすいのがボーイという職業なんです。
これも普通の会社では有り得ないですよね。

つまりですね、ボーイっていうのは実力や能力がきちっと評価されるお仕事なんですよ
頑張っているのに評価されないなんてことはなく、結果を示せばあっという間に店長を任されることもある、そんな夢のある職業がキャバクラのボーイ。
歩合も付くお店なら、固定給の他に成績に応じてお給料がアップしますから、さらに稼ぐことも可能になります。

受け取れるお給料の額と仕事内容とが釣り合っているかどうかは人によって感覚が違うので何とも言えませんけど、これだけの額を目の前にして「ボーイの仕事は稼げない」とは言わせませんよ。

ボーイの仕事で辛いことって?

ボーイの仕事で辛いことって?

縦社会の下の方にあるのがボーイです


楽しいこともあれば辛いこともある、それがお仕事というもの。
では、ボーイの仕事の辛いところって、一体どこなんでしょう?

キャバクラ店で働く人たちをピラミッド型で考えた時、最下層にいるのがボーイという職種です。
夜のお店はなんだかんだ縦社会。
日本はそういう風潮が一般の会社でもあるのかもしれませんけど、キャバクラも同じように上下関係がある程度ハッキリとしているので、その最下層にあるということは、それで辛い思いをすることもあるということです

面倒な仕事を全て任されたり、忙しいのに雑用を指示されたり、理不尽な怒られ方をしたりなどは日常茶飯事。
まだ教えてもらっていない仕事を「早くやれ」なんて言われることもあるし、それができないと当然怒られるしで、一番の下っ端はやっぱり大変。

もちろん、上の人に逆らうことなどできません。
指示されたことができなければ減給されてしまうリスクもありますからね。

ただ、最近のキャバクラ店は男性のスタッフ同士も比較的仲が良く、面倒見のいい店長やマネージャーも増えてきています
厳しくするとすぐに辞めてしまうのと、自分が若い時に厳しくされたから、せめて自分が先輩や上司になったら優しくしようと考える人が増えてきていることがその理由なんでしょう。
昔よりも断然働きやすいはずですよ。

お客様やキャストの女性になめられることも


他の男性スタッフと良い関係性が築けたとしても、ボーイの敵はまだまだいます。

キャバクラ嬢の女の子の中にはボーイのことを完全に下に見ていて、アゴで動かそうとする人もいるほど
こういう時の女性は怖いです、ほんと。
年下のキャバ嬢になめられるほど屈辱的なことはないですけど、これも当然逆らうことはできません。

たまにバカにされたりもしますし、ちょっと失敗するとそれを他のスタッフに愚痴ったりするキャバ嬢もいます。
ボーイのことを完全に見下してるんですね。

そして、タチの悪いお客様もボーイにとっては大敵ですよ
特に酔っ払いは本当に面倒くさい。

ただボーイの仕事を淡々とこなしていても文句を言ってくるお客様もいます。
偉そうに指図する男性客、お目当の女の子がテーブルに来ないと怒り出す男性客、本当にいろいろいるんです。
当然、そういうお客様たちにもボーイはなめられる訳で、酔っ払いの男性に一度目をつけられると、その人が帰るまではまあまあ辛い空間で我慢しなければいけなくなります。
ボーイの退職理由にもこれらによるストレスが原因との声が良く聞かれますね。

ただ、そういうお客様が居座ると他の人にも迷惑がかかるしお店の評判にも関わりますから、あまりにも態度が悪ければ先輩や上司が追い出してくれたりもするので、我慢すると言っても少しの間で済むはず
これも昔と比べると、はるかに働きやすくなりました。

ボーイの仕事で楽しいことって?

ボーイの仕事で楽しいことって?

お店の女の子と仲良くなれると楽しさ倍増


慣れていないお仕事を始めれば、そりゃ誰でも最初は「辛い」と感じたり「大変だ」と実感するもんです。
でも、ボーイの仕事には、この仕事にしかない楽しさや魅力っていうのもあるんですよ。
しかもそれが、今後の人生を大きく左右するものだったりもしますから、これは見逃すことができません。

今後の人生を左右するかはとりあえず置いておいて、お店の女の子と仲良くなれるとかなり楽しいしやる気も出ます
基本ボーイとキャバクラ嬢は恋愛禁止ですからイチャイチャすることはできませんけどね。
でも裏ではお付き合いしているケースもありますし、どちらかがお店を去ってから交際を始めるということもあります。
お客様の男性たちがこぞって指名しているキャバ嬢と仲良くなれたら、それほど大きな優越感を味わえる瞬間はないでしょう

仲良くなれるかどうかは別にしても、お店の女の子を見ていると目の保養にはなりますよ。
やっぱり華やかだし、露出の多いドレスを着たりもしているからそれを眺めて楽しむことができちゃうんです。
そんな女の子に相談されたり頼られたりした時というのは、これもやっぱり優越感を感じざるを得ません。

同業者やお客様との人脈が築けるメリットも


キャバクラ店のボーイの仕事をして、人生を左右するほどのメリットがあるとすれば、それはいろんな人と出会えることでしょう
同じお店で働くスタッフの中にはこの業界を知り尽くしている人も多いはず。
そんな人と触れ合えば経営について学ぶことができたり、接客のマナーやスキルを身に付けることもしやすくなります。

誰かが独立した時には、新しいお店に自分を引き抜いてくれるかもしれません。
そうなれば、いよいよ人生に影響を与え始めますよね。

もっと大きな人生のターニングポイントとなり得るのが、お客様との出会い
キャバクラ店に訪れる経営者や起業家や芸能関係者などとの人脈がもし築けたとしたら、と思うだけでもドキドキしてきませんか?

自分が独立する時に出資してくれるかもしれません。
どこかの企業や芸能事務所にスカウトしてもらえるかもしれません。
そんなチャンスが人脈によって生まれるかもしれないんです。

これほどお金持ちのいろんな人と出会える場は他にはないのではないでしょうか。
人生一発逆転のチャンスが眠っている、そう考えただけでもボーイの仕事を楽しみながら取り組めるはず

この仕事に打ち込んで将来損してしまうことは絶対にありませんよ。

どんな人がキャバクラのボーイをやってるの?

どんな人がキャバクラのボーイをやってるの?

若いフリーターや大学生が多いボーイのお仕事


キャバクラのボーイとして働いている人の年齢層は、比較的若めです。
20代前半から30代くらいが多いでしょうか。
お仕事の内容的に見てもキャバクラ嬢とはちょっと違うので、40代以降も務めることができる職種ではありますが、それでも30歳前後が大半を占めていますね。

実際に、フリーターや大学生がこのお仕事をしているケースが多く見受けられます
フリーターはアルバイトでお金を稼がなくちゃいけないですから、キャバクラのボーイのような時給相場の高い夜のお仕事はうってつけなんでしょう。
学生さんは昼間にバイトしている子もいますけど、学校にも一生懸命通っている男の子だとやっぱり夜のお店で働くのが時間的にも効率的にもいいのかもしれません。

もちろん、正社員として雇用されている男性もいますよ
その場合は福利厚生もそれなりに受けられますし、一般企業よりも役職が上がるのも早いのでお店の中の序列でも上の方にいるボーイさんが20代なんてことも全然珍しくはないんです。

全体的に若い人が多い理由の一つには、ある程度の経験を積むと自分のお店を持つ人が増えるからと言われています
キャバクラもそうだし、風俗系のお店やクラブ、今ではガールズバーなどもそうですね。
それ以外の飲食店などで独立する男性も多くて、同じお店で何十年も勤めるとかがないから20代や30代の人ばかりが働くお店が増えると、そういうわけです。

「若いけど働けるのかな?」と思っている男性は、安心してください。
18歳以上で高校生でなければ問題なく働くことができますから。

ボーイは副業として選ばれることが多いです


フリーターにしても学校に通っている人にも当てはまることですけど、この夜のお店で働くボーイというお仕事は、副業として選ばれることが多々あるという特徴も持っています。
正社員として働く人の多くは本業ですけど、アルバイトという形で働く人は別に本業を持っていたり、他に仕事があって掛け持ちしているケースが多いんです

学生さんは、学校に通って勉強するのが本業と捉えることができるでしょう。
なのでボーイのお仕事は副業になりますし、フリーターの場合は、昼間に別のお仕事をしていて、夜はキャバクラで働くという人も山ほど存在。
言い換えれば、そういう働き方ができる職種なわけですね。

決して楽な仕事ではないですけど、掛け持ちとかでもできるし昼間に別の仕事をしていてもできるわけだから、やる気さえあれば誰でもできてしまう職種でもあるんです

夜という本業とかぶらない時間帯で働ける、プラスお給料も昼のアルバイトよりも高め、こうした要素を考えれば、副業として選ばれているのも納得できるでしょう。

  • 1