キャバクラのボーイってどんな仕事?

飲食店で言うところのウェイター業務です


決して主役にはなれないお仕事。
でも、この職種がないと、キャバクラ店は成り立たないと断言できます。

それが「ボーイ」という存在。
キャバクラのボーイはお店にとって非常に重要な存在であり、この人たちの能力や働き次第でお店の売り上げが変わるというほど、欠かせない職種なんですね。

ボーイの仕事は、そのほとんどがウェイター業務と言ってもいいでしょう
お客様をテーブルなどに案内し注文を受け、ドリンクやフードなどをテーブルに運び、空いたグラスやお皿を下げる。
そんなお仕事をお店がオープンしてからクローズするまでの間、続けるのがボーイの主な仕事内容です。

もちろん営業準備・閉店後の片付け作業も大事なお仕事となります
具体的には、オープン前に店内を掃除したり、あるいは買い出しに行くこともありますね。
閉店後はグラスやお皿の洗い物、キャストの女の子の送り出し、必要なものがあればその日のうちに発注をかけておくことなんかもしたりします。

ウェイター業務と言っても、普通の飲食店のそれよりも仕事の量も内容も多いのかもしれません。
トレイ掃除などもしなくちゃいけないですし、キャストの相談に乗ったりするのもボーイの仕事の一つですからね
幅広くこなさなくちゃいけないんです。

ボーイの重要なお仕事の一つ「つけ回し」とは?


ボーイに任される業務の中で重要かつ能力の差が出やすいものがあります。それが「つけ回し」と呼ばれる作業です。
これは、お客様のいるテーブルにどのキャバクラ嬢を配置するのかを決定すること

フリーで来店したお客様がいた場合、ボーイは出勤しているキャストや待機している女の子、そしてそのお客様の雰囲気などを見ながら、キャバクラ嬢をテーブルに派遣します。
そこでもしお客様のお眼鏡に適う女の子を配置できれば、そこで指名が発生し、お店の売り上げがアップするということになるわけです。

また、人気のキャバクラ嬢は同時に複数のお客様から指名されてしまうことも珍しくありません。
そのキャバ嬢が分身でもできればいいんですけど、それは無理なのであっちのテーブルとこっちのテーブルを行き来しなくちゃいけなくなります。
空いたテーブルには他のキャストの子を配置するわけですが、この時にお客様の好みとはズレた女の子を派遣してしまうと、「もう帰る!」なんて言い出す可能性が高まるわけです。

そうならないよう「この子もなかなか可愛いじゃないか」と思われるようなやりくりをする必要があります
その業務を「つけ回し」と呼んでいるんです。

この作業が上手なボーイは信頼されますし、完璧なやりくりができればお店の売り上げも確実にアップ!
逆に、経営難のお店はこの作業ができるボーイがいないと言っても過言ではありません。
それほどに重要なお仕事なんですね。